一般健康診ついて

Aプラン  12000円【税込】
身長・体重・血圧・採血・採尿・レントゲン・心電図
(会社での入社前健診や介護施設等の入所前健診、感染症の抗体の有無等も随時行っております。)


Bプラン  2000円【税込】
骨密度【超音波】・血管機能検査


骨密度測定【超音波】
踵の骨を超音波で調べる測定法です。測定時間も短く簡易に検査ができます。
★骨密度検査は骨の健康を知るうえで重要な手がかりです。特に女性は症状がなくても40歳以上になったら定期的に骨密度をはかることをお勧めします。★

血管機能検査【動脈硬化測定】
動脈の硬さを測定します。
測定方法は、
①座って通常の血圧測定同様片腕での測定です。
②検査は安静にして2分程度で完了。
③医師から検査結果の説明を行います。
★動脈硬化の原因は加齢・糖尿病・高血圧・喫煙・肥満などのさまざまな原因によります。コレステロールも大きな原因のひとつです。★

横浜市大腸がん検診

当院は大腸がん検診実施医療機関です。
【対象】市内在住の40歳以上の方。職場の検診などほかに受診機会のない方。
【受診回数】年度内に1回
【検査方法】問診、便潜血(2日間)
【受診者負担額】600円

横浜市前立腺がん検診 (PSA検査)

当院は前立腺がん検診実施医療機関です。
【対象】市内在住の50歳以上の男性のみです。職場の検診で同じ内容の検診が受けられる場合を除く。
【受診回数】年度内に1回
【検査方法】血液検査
【受診者負担額】1000円

横浜市肝炎ウイルス検査 (B型肝炎・C型肝炎)

当院は肝炎ウイルス検診実施機関です。
【対象】市内に在住する過去に肝炎ウイルス検査を受けていない方。なお、過去に肝炎ウイルス検査を受けた市民でも、再検査の必要性があると医師が認めた場合は、初めて検査をした年度の翌年以降に再検査することができます。
【受診回数】年度内に1回
【検査方法】血液検査
【検査項目】HBs抗原、HCV抗体
【受診者負担額】年度内1回限り無料

詳しくは、「横浜市保健所 がん検診」のページへ

横浜市健康診査

当院は横浜市健康診査の実施機関です。予約制となっております。お問い合わせください。Tel. 045-836-3701

【概要】:心臓病、脳卒中などの循環器疾患を中心とした生活習慣病予防対策の一つとして、対象者の方に、年に一度健康診査を実施します。

【対象】
⬛︎横浜市に住所を有する神奈川県後期高齢者医療制度被保険者の方
★後期高齢者医療費保険者証★をお持ちください。
⬛︎横浜市に住所を有する生活保護受給者のうち40歳以上の方
★休日・夜間等診療依頼証★をお持ちください。
⬛︎横浜市に住所を有する中国残留邦人支援給付制度適応の40歳以上の方
★本人確認証★をお持ちください。

但し、次に該当する方は対象となりません。
・介護保険が適応となる特別養護老人ホームに入所中の方
・糖尿病等の生活習慣病で受療中の方


【検査項目】
必須検査項目は次のとおりです。

・問診 (自覚症状・既往等)
・理学的検査 (視診、胸部打診、腹部触診)
・身体測定 (身長、体重、肥満度)
・血圧測定
・尿検査 (糖・たん白・潜血)
・血液検査 (中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、GOT、GPT、γ―GTP、クレアチニン、尿酸、空腹時血糖、ヘモグロビンA1C)
・腹囲 (40歳〜74歳の方が対象です。)


選択検査項目は次のとおりです。
選択検査項目は健康診査を行う医師の判断に基づき実施します。

・循環器検査 (心電図検査・眼底検査)
・貧血等検査(ヘマトクリット値、赤血球数、ヘモグロビン値)
【費用】 年度内に1回に限り無料


※【注意事項】※
・予約制となっております。お電話または来院にてお問い合わせください。
・前日の夕食は21時までに済ませてください。
・21時以降は飲食禁止です。
・お水は検査開始3時間前まで接種可能です。
・常用薬は検査開始3時間前まで可能です。(主治医にご確認の上、必要があれば朝分を服用してください。)
・アルコールは前日禁酒してください。
・タバコは前日21時以降禁煙してください。

詳細は「横浜市(健康福祉局)ホームページ」へ

横浜市国保特定検診

【概要】横浜市国民健康保険では、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病をみつけ、生活習慣の改善、病気の予防を目的とする特定健康診査です。

【対象】
・4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入していて、平成31年3月31日に40歳〜75歳の誕生日を迎える方(国の基準による対象者)
・4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入した方で、平成31年3月31日までに40歳〜75歳までの誕生日を迎える方(横浜市独自の対象者)

なお、上記条件を満たす人であっても特定健康診査の対象とならない場合もありますので 「横浜市(健康福祉局)ホームページ」でご確認ください。

【生活習慣病等で現在治療中の方へのお願い】
既に糖尿病、高血圧症又は脂質異常症で服薬治療中や、人工透析で通院治療中など医療管理が行われている場合は、特定健康診査を受診する前に受診の必要性を主治医とご相談ください。

特定健康診査の実施内容(検査等の項目)
特定健康診査は、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病を早期にみつけるため、次の項目で実施します。
また、横浜市国民健康険の特定検診では、独自に検診項目を追加しており、腎臓の機能の働きや、尿路、前立腺の働きも確認することができます。
【受診者全員が受ける検査項目 (基本的な項目と横浜市国保の追加項目)】

検査項目の目的 検査項目
問診 生活習慣病の治療状況や生活習慣を知る 服薬及び喫煙歴、食事、運動、睡眠等生活習慣
診察 自覚症状や他覚症状を診る 身体検査
検査の項目 内臓脂肪型の肥満かどうか 身長、体重、腹囲測定、BMI体格指数
高血圧かどうか 血圧測定
脂質異常かどうか 血液検査(中性脂肪、HDLコレステロ―ル、LDLコレステロール)
腎臓の機能はどうか 尿検査(尿蛋白)、eGFR(参考値)※、血液検査(※クレアチニン※尿酸)
肝臓の機能の状態はどうか 血液検査(GOT,GPT,γ-GPT)
膀胱・尿路系に異常はないか 尿検査(※尿潜血)

※の検査は国が定めた特定健康診査の基本的な項目以外の検査です。
(横浜市国保独自追加項目)
・血清クレアチニン:腎臓の働きを確認します。
・血清尿酸:痛風かどうか確認します。
・尿潜血:尿路からの出血がないか確認します。
・eGFR:腎臓に働きを確認します。

【医師の判断により必要とされた場合に受ける検査項目(詳細な項目)】

検査の目的 検査項目
貧血はないか 血液検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
心臓の機能の状態はどうか 心電図
動脈硬化等血管の状態はどうか 眼底検査(当院では行っておりません)

【詳細な項目(上記の検査項目)を実施するための国基準】

1 貧血検査 貧血の既往があるなど、医師が必要と判断した方に行います
2 心電図検査 当該年度の特定健康診査の結果において収縮期血圧140mmHg以上若しくは拡張期血圧90mmHg以上又は、自覚症状及び他覚症状の有無の検査において不整脈が疑われる方に行います。
3 眼底検査 当該年度の特定健康診査の結果において、血圧又は血糖が次の基準に該当した方に行います。
ア血圧:収縮期血圧140mmHg又は拡張期血圧90mmHg以上
イ血糖:空腹時血糖126mg/dl以上又はヘモグロビンA1C6.5%以上
※ただし、当該年度の特定健康診査の結果において、上記ア、イ両方共に該当しない場合、前年度の特定健康診査の結果等において、上記イに該当するものを含む。

【自己負担額(受診料)】 無料

【受診券の送付について】
4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険加入している方のうち、平成30年度中に40歳~74歳になる方については、特定健康診査の受診に必要な「受診券」を個別に送付します。

[年度途中(4月2日以降)に横浜市国民健康保険に加入した方]
年度途中に横浜市国民健康保険に加入した方については以前に加入していた健康保険(又は職場)で、検診を受けていた可能性があることから一律に受診券を発送することは行っていません。
横浜市国民健康保険の特定健康診査の受診を希望する場合はお住いの区の区役所保険年金課保険係に申請し、受診券の交付を受けてください。

[今年度(平成30年度)75歳になる方]
75歳の誕生日以降は後期高齢者医療制度に移行し、特定健康診査を受けられないことから、一律に受診券を発送することは行っていません。
75歳の誕生日前日までに特定健康診査の受診券を希望する場合は、お住まいの区の区役所保険年金保険係に申請し、受診券の交付を受けてください。

診療時間

診療表

【休診日】木曜 / 日曜 / 祝日

診療案内
施設のご案内